史料館・博物館も楽しめる

ドライブの時に立ち寄る施設と言えば道の駅ですが、その地の歴史や文化を紹介する史料館・博物館を併設している施設が増えてきました。栃木県那須塩原市にある「那須野が原博物館」は、文字通り博物館と一体化した施設です。歴史・民族・考古などの各分野を対象とする総合的な博物館なので、世代関係なく楽しむことができます。徳島県三好市にある「大歩危」は、石の博物館を併設しています。火星の石や化石、恐竜の骨の展示などもあり、子どもに人気の施設です。岩手県一関市にある「厳美渓」は、一関市博物館を併設。一関出身の蘭学者・大槻玄沢の資料や、舞草刀(もくさとう)の展示など、一関市の歴史に触れられる施設です。富山県南砺市にある「井波」は、井波彫刻総合会館を併設しています。日本一の木彫刻の産地である井波ならではの、工芸作品や伝統彫刻、現代彫刻まで、技術の粋を集めた作品を展示・販売しています。静岡県川根本町にある「奥大井音戯の郷」は、音とたわむれることをテーマにした日本でも珍しいミュージアム音戯の郷を併設しています。レーザーホンやメロディーパーカッションやオリジナルオルゴールなど楽しい音のしかけが盛りだくさんの施設です。

コメントは受け付けていません。