道の駅活用法とは

大型連休や、子供の夏休みなどで長い距離を車で移動し、目的地までのドライブを楽しむ方にとって、休息地という場所はなくてはならない場所であります。
高速道路では、サービスエリアやパーキングエリアなどが決められた距離を置き設置されています。
そして一般道で同じ役目を果たすのが、現在では認知度も高い道の駅がそれに当てはまります。
道の駅とは道路利用者のために休憩機能、また、道路利用者及びそこに住む地域の方のための情報発信機能、そしてその場所をきっかけにして町と町とのコミュニティが生まれ活力ある地域づくりを行うための地域の連携機能の3つの機能を併せ持つ休憩施設として定義されています。
現在では全国の一般道沿線を中心に整備されており、全国に1000駅以上あると言われています。
活用法は休息地としては勿論、先述したように地域と密着していることからも、その地域ならではのなう産物や、特産品が安く購入出来ることも、魅力的であり、多くの方がそれを目的に訪れる場所もあるくらいです。
またパーキング施設としての安全性も高いことから車中泊もでき、あらゆるドライバーが車での長い旅を安心なものにしてくれる、安らげる場所でもあるのです。

コメントは受け付けていません。