‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

体験農園や体験工房で思い出づくり

2014/07/25

家族でどこかに出掛けようと計画した時、道の駅で実施されている体験農園・体験工房は良い思い出になるはずです。そして、子供にとっては貴重な経験となり喜んでもらえること請け合いです。
道の駅は各地にたくさんあり、地元の特産品などが味わえる、ひとつの観光スポットになっています。文字通り大きな道路の沿線にあることが多く、立ち寄りやすい立地になっていることがほとんどです。
こうしたスポットは、バスツアーなどでの休憩で用いられることも多く、休日などにはたくさんの人たちでにぎわいを見せています。今までの、ただ単にトイレのために立ち寄るという場所ではなくなっており、地元についてよく知ってもらおうという運営する側の努力が見受けられます。
地元の特産品にまつわる作業を実際に体験できる、体験農園や体験工房は大変人気があります。普段の生活の中で味わうことができないことが体験できるのです。野菜の収穫や焼き物を作る作業などを地元の方の指導により経験することで、充実した一日を過ごせるはずです。
もし、興味のある特産品などがある場合は事前にチェックし、催し物があるかどうか確認しましょう。行き帰りのドライブと共に、家族で良い思い出を作ることができるでしょう。

史料館・博物館も楽しめる

2014/07/25

ドライブの時に立ち寄る施設と言えば道の駅ですが、その地の歴史や文化を紹介する史料館・博物館を併設している施設が増えてきました。栃木県那須塩原市にある「那須野が原博物館」は、文字通り博物館と一体化した施設です。歴史・民族・考古などの各分野を対象とする総合的な博物館なので、世代関係なく楽しむことができます。徳島県三好市にある「大歩危」は、石の博物館を併設しています。火星の石や化石、恐竜の骨の展示などもあり、子どもに人気の施設です。岩手県一関市にある「厳美渓」は、一関市博物館を併設。一関出身の蘭学者・大槻玄沢の資料や、舞草刀(もくさとう)の展示など、一関市の歴史に触れられる施設です。富山県南砺市にある「井波」は、井波彫刻総合会館を併設しています。日本一の木彫刻の産地である井波ならではの、工芸作品や伝統彫刻、現代彫刻まで、技術の粋を集めた作品を展示・販売しています。静岡県川根本町にある「奥大井音戯の郷」は、音とたわむれることをテーマにした日本でも珍しいミュージアム音戯の郷を併設しています。レーザーホンやメロディーパーカッションやオリジナルオルゴールなど楽しい音のしかけが盛りだくさんの施設です。

道の駅でキャンプ!

2014/07/25

家族でドライブなどとても楽しいシーズンでもあります。少し遠いところまで行ってそこでいろいろな施設や自然を楽しむことができます。
それもキャンプなどを行うととても楽しいのです。またキャンプなどで見る夜空は格別で、星の数の多さに感動することもあります。
このようにキャンプを行うにはキャンプ・オートキャンプ場を探す必要があります。
しかしいざこのような場所を探すとなるとなかなかいい場所がありません。せめて車で宿泊するにも休日なればほとんどの場所は満員で予約することもできない場合があります。
また駐車できる場所はあってもトイレがなかったり、治安の面でも不安がある場所も多くなかなか車で泊まることさえ難しいものです。
このような時に利用できるのが道の駅です。ここはドライバーの休憩に利用できる場所なのです。
全国におよそ1000箇所あり、トイレや道路情報や産地の特産品や文化などの得ることが出来るのです。
このような施設はドライバーにとってもありがたく、長距離を運転して休憩したい場合などに利用できるのです。
このように道の駅の活用法としていろいろ便利になっています。これら施設を活用して家族などとともに楽しんではいかがでしょうか。

温泉があるところも!?

2014/07/25

″道の駅″は、一般道路に作られた休憩所です。 そこには、レストラン・売店があり、それは高速道路にサービスエリアがあるのと同じく、ドライバーにとっても、家族連れでドライブを楽しんでいる人たちにとっても、憩いの場所として利用されています。
憩いの場所であるばかりでなく、その土地で採れた野菜やら特産物を販売しており、インターネットからでは買えない、駅ならではの魅力・楽しみ方があります。
最近では、温泉まで併設されている所もあり、″一般道路の休憩所″という枠を越えた、癒しの空間に変わりつつあります。
当初道の駅とは、遊びに行く途中・帰り道に寄る″休憩所″という体であったはずですが、その場所がいつのまにか遊びの最終目的地として形を変えてきているようです。
休むために利用するのではなく、そこで遊ぶといった目的での形態に変わりつつあります。
そこで疲れを取って、再び帰途につくために運転の続きをするのですが、温泉がある駅になると、完全に体を癒してから帰ることが出来るのです。
現在では、駅は全国で1000ケ所を超えているようですが、これからまた新しく作られる予定の駅にも、そういった施設が併設されて、少しずつ数も増やしていくのではないでしょうか。

道の駅活用法とは

2014/07/25

大型連休や、子供の夏休みなどで長い距離を車で移動し、目的地までのドライブを楽しむ方にとって、休息地という場所はなくてはならない場所であります。
高速道路では、サービスエリアやパーキングエリアなどが決められた距離を置き設置されています。
そして一般道で同じ役目を果たすのが、現在では認知度も高い道の駅がそれに当てはまります。
道の駅とは道路利用者のために休憩機能、また、道路利用者及びそこに住む地域の方のための情報発信機能、そしてその場所をきっかけにして町と町とのコミュニティが生まれ活力ある地域づくりを行うための地域の連携機能の3つの機能を併せ持つ休憩施設として定義されています。
現在では全国の一般道沿線を中心に整備されており、全国に1000駅以上あると言われています。
活用法は休息地としては勿論、先述したように地域と密着していることからも、その地域ならではのなう産物や、特産品が安く購入出来ることも、魅力的であり、多くの方がそれを目的に訪れる場所もあるくらいです。
またパーキング施設としての安全性も高いことから車中泊もでき、あらゆるドライバーが車での長い旅を安心なものにしてくれる、安らげる場所でもあるのです。

コインランドリー活用で車の旅も快適

2014/07/25

年に何度かの大型連休の際や、夏の帰省の時期などで、車を使って長距離を移動する方は今の時代においても少なくありません。
現代では公共の交通機関も隅々にまで発展し、サービスの向上から入り便利に、そしてより早く目的地着く事が可能になりました。
しかしながら、自分の愛車で車を運転し、時間をかけて旅は、なかなか風情が感じさせるというものではないでしょうか。
最近では日本の大動脈と言われる代表的な高速道路も新たに開通されたり、加えて地方においての高速道路も整えられ、あらゆる場所で非常に便利になったと同時に快適な車での移動が可能になりました。
道路自体もとても走りやすく、ドライバーの疲労も溜まりにくいと言われますが、それらに加えてサービスエリアやパーキングエリアのコンテンツの充実具合は、休憩施設という枠を超えて楽しめる上に、車での旅をより快適にするものとしています。
最も意外な点で便利なものはサービスエリアやパーキングエリアでのコインランドリーの設置なのではないでしょうか。
全ての場所に設置されているわけではありませんが、コインランドリーがあることにより、旅の荷物を少なくでき、いつでも清潔な身嗜みでいられる点においては、非常に衛生的な車の旅となり、快適なドライブができると言えます。

マッサージコーナーで運転の疲れを癒やす

2014/07/25

小さい子供がいる家族にとって、車でドライブの長所は、気疲れすることなく急な予定変更にも強いことと、高速道路のサービスエリアやパーキングエリアの存在ではないでしょうか。授乳室や調理用温水器などのベビー設備、リフレッシュできる広場や遊具、美味しく食べられるフードコートなど、楽しく過ごせる条件がそろい、建物内も禁煙なのも安心です。高速道路の旅をもっと楽しむならハイウェイオアシスにも注目です。SAやPAと直結した公園やテーマパーク、キャンプ場や道の駅と直結しているところもあり、高速を降りずに利用できるのも人気です。単なる休憩所ではなく、旅の目的地にしようという動きが盛んで、デパ地下のようなテナントが入ったところも多くあり、ショップも人気店や有名店などがあり、気軽に楽しむこともできます。地域に密着したご当地グルメ、老舗の銘店の味まで幅広くあり、野菜や果物の直売所や、ここでしか買えない限定品などもあったりします。温泉や入浴施設、マッサージコーナーのあるSA・PA・ハイウェイオアシスもあり、遊び疲れた子供はもちろん、運転に疲れたパパや、子供を追いかけまわしたママも、渋滞を避けるぐらいゆっくり滞在して、マッサージコーナーで疲れた体を癒し、リフレッシュして帰宅できます。本格的な旅ができない時でも、手軽なお出かけスポットとして活用することができます。

宿泊施設もある!

2014/07/25

家族や友達と高速道路を利用してドライブに行くときに、必ずと言って良いほど立ち寄るのがサービスエリアやパーキングエリアですよね。休憩やトイレの為に寄ったり、また食事をしたりお土産を買ったりと様々な目的で利用できます。
そのサービスエリアやパーキングエリアに、宿泊施設もあるというのをご存知ですか?

この高速道路沿いに併設された宿泊施設はハイウェイホテルと呼ばれ、現在は5箇所に展開されています。
このハイウェイホテルは自動車旅行者の為に設けられた簡素なホテルとされていますが、その外観や内観は一般のホテルとあまり変わらずとても綺麗で清潔です。長距離ドライバーの安全な運転の為に、仮眠や休憩、また入浴や食事も楽しむことができる、とても快適な施設なのです。
このハイウェイホテルは、空き部屋があれば当日でも利用可能ですし、またインターチェンジを降りて精算しなくて利用できるので、非常に手軽に使うことができるというメリットがあります。事前予約も可能なので安心です。支払いは前払いですが、普通のホテルのように1人当たりの料金ではなくて、1泊の部屋料金を利用人数に応じて支払うことになっています。料金は平日、休日やシーズンによって変動します。

いつもは休憩にしか使わないという方や、車中泊をしてしまうという方も、とても快適で気軽に楽しめるハイウェイホテルを、是非一度利用してみてください。

 

サービスエリア・パーキングエリア活用法について

2014/07/25

私たちが車を運転する際に、特に注意をしなければならないことがあります。これは色々な所でも言われていることでもありますが、とにかく交通事故を防ぐように、各ドライバー一人一人が心がけなければなりません。交通事故が発生するということは、必ずそこには何らかの原因があるという事になります。その原因を絶つように工夫をすることが大切なのです。
運転をするにしましても、特に長距離をドライブする場合には、とにかく体の疲れが気になるところです。更に長距離を運転する際には、高速道路がよく利用されたりしますが、この高速道路での交通事故も多く発生しており、更にそれが死亡事故にまで発展するケースが多くあります。
疲れたら必ず休憩を取り入れる事が重要となりますが、高速道路上では道路に車を止めることは危険であるために、禁止されている事となっています。ですから休憩をする際には、必ず車が駐車できるような施設にて休憩を取るようにして下さい。その為に高速道路上ではサービスエリアやパーキングエリアが設けられていますが、これらの施設の名前が別れているのは、特に問題にはならないことです。
行楽シーズンには多くの車がこれらの施設に殺到する事となりますので、休憩の終わったドライバーは速やかに本線車道に戻るよう心がける事もマナーとなっています。